足関節の痛み

komuragaeri2先日、足関節捻挫の方の治療をしたので、治療室での治療の流れをまとめてみます。


足関節は体重を支える重要な場所なので、腱や靭帯で守られています。
しかし強い力がかかったり、継続して同じ動作を続けると、摩擦で筋に傷がついて痛みや腫れが出ることがあります。

治療に見えられた方は、町のイベントの手伝いで、日頃しない動きをして傷めたようでした。
足首とカカト、拇指のあたりがパンパンに腫れて、熱を持っていました。
この状態が3日ほど続いていて、歩けないことから治療に見えられました。

気の状態を調べると足首周辺に炎症反応があり、熱を取る治療を行ないました。
まず足首とカカトの痛みが消え、15分ほどするとムクミも消えていました。
最後に残った拇指の痛みも、足甲のツボでとれて歩けるようになったので、終了となりました。

足首の痛みは捻挫の方が見えられますが、比較的ハリは効いてくれて、予後は良いように思います。