癒しの医療 チベット医学―考え方と治し方


著者は英国在住のチベット人女医タムディン・シザー・ブラッドリー氏(1964ー)です。
本書はチベット医学を初学者向けに解説したものです。

ブラッドリー女史は、チベット暴動後に両親が移り住んだ南インドで生を受けました。
82年からダラムサラのチベット医学校で学び、ダライ・ラマの侍医クン・グルメイ・ニャロンシャー師の元で研鑽しました。
90年からは海外での活動を始め、英国人の伴侶と縁を持ったことを契機に英国に移住します。
そして同国で初めてのチベット医師として診療を開始し、現在も臨床とチベット医学の啓蒙活動に活躍しています。
本書はその一環として執筆されたもので、初学者向けにチベット医学の概要をわかりやすく解説されていました。

チベット医学はモンゴル、ブータンやインドなどに及ぶヒマラヤ山脈沿いの人々の間で伝承された民族医療です。
医学校メンチーカンを卒業したアムチと呼ばれるチベット医師が、村々を放浪しながらマンツーマンの医療を施してきました。
彼らは「四部医典」を聖典に据え、次のような独自の人体観で診断・治療にあたります。
人は真理を知らない「無明」ゆえに、本来持っていた精妙なバランスを欠いています。
無明とは、貪欲に求め続ける「貪」・妬みと怒りに飲まれる「瞋(じん)」、怠慢に溺れる「痴」に象徴されます。
その結果、人体を巡るルン、ティーパ、ペーケンという循環物質に不調和が生じて、病気となります。
診断は望診(舌診と尿診)、問診、触診(脈診)で行います。
不調和の調整は、生薬、鍼灸などの物療、食養生、精神の養生などを通じてなされます。
特に精神の養生では、仏教哲学を背景に積極的に推奨していました。
鍼灸では背部のツボに行う灸療法、頭頂部に金鍼を触れて行う鍼治療などが挙げられていました。
所々で実際の臨床の様子が引用されていて、チベット医学についてイメージしやすい構成となっていました。

本書の白眉はあとがきに添えられた「監訳者解説」にあり、監訳者自身の来し方とチベット医学への私的考察がまとめられていました。
監訳の井村宏次氏は鍼灸師で、ライフワークとして東洋医学を長年追い続けてきました。
しかし「チベット医学」は当時、資料も少なく、苦心していました。
2000年代に入るとようやく本書の原典「Principles of Tibetan Medicine」が出版され、チベット人でありながら英国に移住したブラッドリー女史の鮮やかな解説に引き込まれました。
そして出来上がったのが本書です。
東洋医学の専門家でチベット医学を追い続けてきたゆえにその分析は鋭く、実際の臨床で用いた応用例も披露されていて興味深いものでした。
チベット医学をわかりやすく伝えようという原作者と翻訳者の思いが感じられるような好著だと思います。

病院×鍼灸

時々、「病院の中にハリがあれば通いやすいのですが」という話を聞くことがあります。
病院と鍼灸というと突拍子もない感がありますが、国内にそうした試みが取っている所があります。
取っ掛かりになるのが漢方で、鍼灸とは元々は1つだったことから「東洋医学科」と標榜して、病院内で漢方と鍼灸が同時に受けられるのが特徴です。
そうした試みを行なっている病院を紹介します。
続きを読む

旅のカバン2018

旅好きなのでバッグには一定のこだわりがあり、ここに最新版をまとめています。
旅先では徒歩による移動時間が格段に増えます。
バスや電車はどうしても旅行者にはハードルが高く、頼りになるのは自らの足になるからです。
この時、重すぎるカバンは足枷となり、疲労が蓄積して自由が制限されます。
続きを読む

読書レビュー


現在ブログ内の整理を行っていて、読書記録もその1つに挙がっています。
放置していたサイトですが、散逸していた情報をここにまとめて行こうとおもています。

中高年の突然死:心筋梗塞

私が開業する際にお世話になった方がなくなったとの連絡がありました。
60歳前の男性で、とても元気のよかった方です。
就寝中の突然死ということで、おそらく心臓の虚血系発作だと思うのですが、他に脳血管系の可能性もあります。
いずれにせよ、死の兆候のなかった方だったので、改めて死について考えさせられました。

死は生まれた時から隣を歩いてくれているパートナーで、ふとした時に「もういいよ」とやさしく肩を叩いてくれます。
それがいつかは誰にもわかりません。
ただし病気によっては死の兆候を示してくることがあり、なるべくそれを見逃さないように日々鍛錬を続けています。

診察の話を書くつもりだったのですが、今日は心筋梗塞について書いてみます。
続きを読む