台湾」カテゴリーアーカイブ

台湾の中医師

台湾では鍼灸は中医師という東洋医学を行なう医師が行なっていました。
中医師は大学の医学部で7年間学び、国家試験に合格しなければならず、内科や外科などと同様に中医学科として制度化されていました。
日本では一般の医師が鍼灸と漢方と両方、鍼灸師が鍼のみ、薬剤師が漢方のみを行なっていますが、台湾でこの中医師が鍼灸、漢方を使って治療を行なっています。

今回は台湾の中医師が一時期私の母校に針灸留学していたご縁で、勤務先の病院を案内していただきました。

この病院は市立の施設でビル1棟が病院となっていて、中医学科はそのうちの1フロアに入居していました。
そして更に針灸科、漢方科、傷科(整骨科)に分かれていました。
DSCN1553

針灸科では2人の医師と2名の看護師でベッド20台ほどを担当していました。
そして一人当たり問診3分、針治療が10分以内という時間配分で次々と患者さんを回していました。
短い時間で治療を終えなければならないのは保険との兼ね合いとのことで、日本の健康保険とよく似た制度を取り入れているようでした。
治療費は一回分の患者負担が約200円、保険として医師に支払われる分が約800円で、6回を1クールとして一ヶ月以内に来院しなければなりません。
そのための保険料は1700円/月くらいということで、日本に比べると割安感がありました。

台湾では中国文化に馴染んでいるため鍼灸への抵抗感はなく、多くの患者さんが来院されていました。
来院している患者さんは、各種の痛み、生理痛などの女性疾患、自律神経失調、パーキンソン病、リウマチなどの方が多いようでした。
鍼は日本の一般的なものよりやや太いものを使い、部位にもよりますが大体3~4cmくらいは刺しておられました。
とにかく凄まじい数の患者さんで、それを次々に捌いていく中医師の手技はスピーディで見事でした。
また看護師さん(台湾では護理師と言います)も忙しい中をキビキビと働いていて、少し時間があれば漢方薬を沁み込ませたシップ薬を作ることに余念はないようでした。
DSCN1537

こうした海外渡航の折には現地で活躍する日本人も探しているのですが、台湾では日本との資格の互換を認める制度がなく、7年もの期間を費やす時間と経済上の負担から日本人中医師はほとんどいないようでした。
その一方で中国医学を学ぶ日本人留学生はいるようで、案内してくれた先輩の母校には東京女子医大の女医さんが学んでいるとのことでした。

先輩は複数の病院をかけもちして変則的な時間で夜10時くらいまで働いていました。
その合間に昼や夜の時間を見つけては、食事に付き合ってくださったり、町を案内してくださったりと心のこもったもてなしをして下さり、本当にありがたかったです。
DSCN1532

美人のためのお茶

トンファンメーレン
せっかく台湾に行ったのでお土産に珍しいお茶も持って帰りました。
その名も「東方美人茶(トンファン・メーレン)」です。

このお茶は製法がとても変わっていて、ウンカという害虫に被害を受けた緑茶が元になっています。
処分する前に試しにお茶を煎れてみたところ、甘くてまろやかな味と香りになっていっていたことに驚き、製品化が進められました。
被害を受けた部分の発酵が進んだことで結果的に独特な旨みが生じたという不思議な偶然の産物です。
この特殊な機序でできるお茶のため希少で、台湾でしかとれず、輸出先のイギリスでは「オリエンタル・ビューティ」として好まれました。
フルーツのような香りと、密のような豊潤な甘さで東方の美人に例えられたことからこの名前が付けられました。

鍼灸室の在庫はあとわずかですが、機会があればぜひ飲んでみて下さい。
きっと「女子力」を上げてくれると思います。

台湾の食事

台湾は中国の文化圏にあるためか、中華料理がデフォルトのようでした。
そして外食が文化として根付いているようで、夕方~夜半にかけて多くの人々が町の食堂、屋台、レストランに集まって賑やかに食事をとっていました。

個人的におきにいりだったのは、毎夜道沿いをにぎわす夜市(イエシー)です。
これは日本で言うお祭りの縁日のような感じで、多くの屋台が遥か彼方までギッシリと立ち並び、安くて美味しい料理を食べることが出来ました。
びっくりするほど美味しかったのは小籠包(しょうろんぽう)です。
shoronpou
肉まんを小さくしたようなものですが、薄い皮には挽肉がたっぷり入っていて、皮が破れて口の中にジュワっと滲む肉汁が溢れます。
これを付け合せの生姜と一緒に食べるとたまらなく美味しいものでした。

また食材には漢方食材がアレンジされていることが多く、夜市で食べた豆腐には甘いゼリーのような豆腐に薬膳の薏苡仁(ヨクイニン)が入っていて美味しく、またカラダに良さそうなもので、生活に根付いた医食同源の一端に触れることが出来ました。
DSCN1513
しかし考えてみれば日本でも「おばあちゃんの知恵」といった感じで、五穀米や食べ合わせの伝統的な知識が伝わっているので、各民族普遍のことなのかもしれません。

他にも色々食べました。
台北にあるラーメン「牛肉麺(ニウローメン)」のお店で、すごい行列ができていました。
DSCN1580

そしてアーロー(ガチョウ肉)は表面はパリパリしていて、脂が少なく、あっさりしていました。
DSCN1566
また甘くて美味しいマンゴーが100円程度で食べられるのも嬉しかったです。

海外に出ると私の場合食のホームシックで無性に醤油料理や味噌汁が食べたくなるのですが、今回に限っては全くそんなことはなく、台湾料理は私の口に合っているようです。
食費も屋台や地元の食堂を利用すると日本の半額くらいで収まるので、旅の間は充実した食生活を送ることができました。

沖縄より南にある国の甘味処

takao cake
台湾から美味しいお土産を持ち帰ってきました。
パイナップルケーキです。
台湾土産としては定番ですが、たくさんのお店が作っていて玉石混交の状態です。
今回お世話になった台湾人医師の先生から「台湾人が結婚式の引き出物として出している」くらい人気のあるお店を教えてもらい買ってきました。
舊振南餅店という、西暦1890年創業・100年以上の歴史を持つ老舗菓子舗のお菓子です。
やわらかなビスケットケーキの中に、パイナップルジャムが入っています
口当たりは良くて味は濃厚、しっとりとしたビスケット感とこのジャムの甘さがたまりません。

今週治療室に来られた方にはお渡しできると思いますので、機会があればぜひ味見してみて下さい。