」カテゴリーアーカイブ

病院×鍼灸

時々、「病院の中にハリがあれば通いやすいのですが」という話を聞くことがあります。
病院と鍼灸というと突拍子もない感がありますが、国内にそうした試みが取っている所があります。
取っ掛かりになるのが漢方で、鍼灸とは元々は1つだったことから「東洋医学科」と標榜して、病院内で漢方と鍼灸が同時に受けられるのが特徴です。
そうした試みを行なっている病院を紹介します。
続きを読む

旅のカバン2018

旅好きなのでバッグには一定のこだわりがあり、ここに最新版をまとめています。
旅先では徒歩による移動時間が格段に増えます。
バスや電車はどうしても旅行者にはハードルが高く、頼りになるのは自らの足になるからです。
この時、重すぎるカバンは足枷となり、疲労が蓄積して自由が制限されます。
続きを読む

イベントでの出張治療

時々、イベントで出張治療をすることがあり、いつもと違う雰囲気を楽しんでいます。
イベントに出向いてこられる方々なので、比較的若く、元気で、町外の方が多く見られました。
症状は肩コリ、腰痛、そして慢性状態が続く難病の方です。
続きを読む

文殊菩薩治療センター(カトマンズ ネパール)

Manjushree旅先で訪問した鍼灸院を紹介します。カトマンズ郊外にある鍼灸治療院「Manjushree Acupuncture Treatment Center」です。
日本で鍼灸学校を卒業したネパール人が運営していて、3名の女性スタッフが治療に当たっています。
治療は中医学を基本に添えながら、日本独自の細いハリを使ったやさしい刺激で行なっています。 続きを読む

他業種とのコラボについて

鍼灸の持つ守備範囲は意外にも幅広く広がりを持っています。
癒し、美容、スポーツ、医療など。
通常はそれぞれの鍼灸仕事に専門分野があり、私の場合は医療にシフトしています。
しかし専門以外もそれなりに対応できるので、その曖昧さを生かしながら他業種とコラボすることを試みてきました。 続きを読む

旅したハリ

予定していたイベントで出張治療してきました。
ここは昭和5年に建築された医院で、平成10年頃に閉院、その後は有志のボランティアが維持してきました。
old clinic inner old item
縁側や渡り廊下がある室内に当時流行していた洋風建築をアレンジし、室外には立派な日本庭園も備えているもので、民間が維持している文化財としては出色とも言えるものでした。
続きを読む

旅するタイマッサージ師

ruiz
タイ古式マッサージの講習会に参加してきました。
講師は世界中を旅しているというポルトガル人のルイーズ・ローザー先生。
タイに長期滞在して資格を取り、同国でアシスタント・ティーチャーとして活躍、日本では5000円で自転車(ママチャリ)を購入し、各地を転々としながら長期滞在しているとのことです。

続きを読む

渡航先を決めるために

mustang nepal
秋口に予定していた今年の旅が、諸般の都合で頓挫しかかっていて、慌てて候補地の再選定にかかることになりました。渡航先は鍼灸や人的な縁がある所から選んでいますが、それ以外に次のような要素を勘案して決めています。
続きを読む

私を奏でる唄

seal

時々、何となく思い返している詩があります。
詩は様々な思いが凝縮し、結晶化しているためか、時に胸を打ち、長く心に残ります。
これもその1つで、ミニマリストにも通じるこの詩が奏でるのは「私の」唄でもあります。
私自身がこの詩から隔たっていないかを、時々自分に問いかけています。
続きを読む

旅情

img_547575_8647864_1

新年度に向けた雑用があって、ここはほとんど放置の状態になっていました。
治療に関することは書きたいことがたくさんあるのですが、今日は本について。
続きを読む

The travelling Cafe

crowded

今日は治療室を出て、イベントで出張治療をしてきました。
温泉付きのホテル内で、食、雑貨、ワークショップなどで複数の団体が集ったのですが、予想以上の大盛況で驚きました。やはり温泉と食がタッグを組むとすごい力があることを実感しました。 続きを読む

ネット環境の構築

ネット環境の構築について自分用のマニュアルとしてまとめてみます。
ネットはADSL→光→Wifi(GMO)と変遷し、先日までYmobileの2年縛りを使っていましたが、無事この期間を経過したので、解約の自由なSIMフリーに変えました。
日本国内の携帯環境は従来までSIMという識別番号を固定化していたため、ユーザーが契約する会社を自由に選択することができませんでした。
しかし一部のモバイル機器は抜け穴的にSIMフリーとなっているものがあり、その利点を生かしています。
これにより、国内の契約会社を代える時には直径3cmほどの小さなカードとネットだけでやり取りが可能で、海外でネットを使う際もこのカードを購入するだけで簡単にできます。
続きを読む

ミニマリストの乗り物

photo.sav125-4
近距離でしか使えませんが、移動に際しては場所をとらずに便利な乗り物として51cc-124ccの原付がおススメです。
入手コスト、保有コスト共に低い上に、燃費が良く(45kg/Lくらい)でタンク容量が6Lなので250kmくらいの走行が可能、速度制限が一般車両と同じなので警察のお得意様にならなくて済むからです。 続きを読む

スウェーデン人雑感

shasutainswedenguysweden red

スウェーデン人はシャイで集団としてのまとまりが強いという点が、日本人と似ているといわれています。
確かに自己主張は少なく、静かで、シャイということは感じました。
また家族間も仲が良いようで、成人してからも頻繁に行き来していてまとまりの強さを感じました。
ただそれらを支える土台部分は日本とは異なり、気質としての強い独立心と、責任や義務というく意識があるようでした。
特に感じられたのが男女の完全な平等、そして社会システムの公平さです。

男女は家庭生活や仕事の面で完全に平等で、そのことから離婚やパートナーチェンジには自由と寛容さがあるようでした。
私がお世話になっていた知人女性は、離婚した旦那の持ち家を半分相続し、そこに新たなパートナー男性と事実婚をしていました(前の旦那さんは海外に移住)。
そして私が滞在中に、そのパートナー男性の兄家族が遊びに来たのですが、兄さんはもう40代なのにアイスラッガーができそうなモヒカンスタイルでもみ上げの所だけ長髪、アイスランドに留学が決まったという優秀な15歳の娘さんは真っ赤に染めた赤毛で鼻ピアスで、パンクスタイルはスウェーデン発祥なのかと思ってしまいました。
後で聞いたのですが、お兄さんは3度目の結婚で、娘さんは今の奥さんの連れ子だそうです。
でも家族として仲がいいみたいで、見知らぬ外国人である私に対してもとてもフレンドリーでした。

そして企業の労働時間は厳格に定められ、残業は基本的になく、どうしても必要なときには割増賃金を払わなければならないとのことで、ブラック企業などは犯罪行為でありえないようです。
また消費税は25%と高額ですが、生活必需品は6%、食料品も12%と安い税率に押さえられているので自炊などで質素に暮らせばお金は抑えられ、また教育費や医療費、失業手当や老後の年金などのベーシックインカムが完備されているので、これらセイフティネットが支えてくれる安心感は非常に強いようです。

そんな感じで、ドイツと共にスウェーデンは日本人にとって居心地良く感じる国だと思いました。
実際にヨーロッパでの人口割合での日本人居住者数はこの国がトップとのことでした。

ネパールのスイーツ

creamcaramel blackforest
心の病について書こうと思って完全に行き詰ってしまいましたので、今日は気分転換にネパールのスイーツを紹介します。
写真のものは、それぞれかつて欧米のヒッピーが伝えたという逸話を持つケーキです。

まず左はクリームキャラメルといって、シロップを沁みこませたスポンジの上をプリンでコーティングしたものです。プリンとカステラの奏でるハーモニーは絶妙で本当に美味しいものでした。
右はバナナケーキで、つぶしたバナナを織り込んだ生地にホワイトクリームをデコレートしたものです。
こちらもスポンジ部分に予めシロップをしみこませてあるのですごく美味しいです。
これらは私好みの味付けで、しかも大きくてボリュームがあるのですが、ケーキもミルクコーヒーも日本の半額以下で食べられるので、滞在中は充実したスイーツライフを過ごしていました(太りました)。
こういう写真を見ていると旅行熱が沸いてきます。
最近はずっと旅に出ていないのでちょっと欲求不満気味です。