変形した膝の痛み

膝の痛みで60代の女性が来院されました。
関節にやや変形が出ていてO脚気味の方で、左膝の内側に痛みが出ていました。

触診すると膝関節そのものではなく、そのやや下にある鵞足と呼ばれる部分に痛みがあり、それをかばう事で太ももの筋肉と反対側の右膝にも痛みが出ているようでした。
治療では鵞足部分の筋肉を中心に反応が出ている部分の緊張を緩めました。
これによって痛みが消え、階段の上り下りや正座ができるようになりました。
膝の痛みは比較的治しやすい疾患で、鍼灸がお役に立ててホッとしました。