ハリでできること

鍼灸で何ができるのか、鍼灸師にとって当たり前のような問いの答えを探し続けています。

よく参考にされるのはWHOの作ったもので、次のようなものです。

運動器系疾患
関節炎、リウマチ、頚肩腕症候群、五十肩、腱鞘炎、腰痛、外傷の後遺症

神経系疾患
神経痛、神経麻痺、痙攣、脳卒中後遺症、自律神経失調症、頭痛、めまい、不眠

消化器系疾患
胃腸病 、胆嚢炎、肝機能障害、肝炎、胃十二指腸潰瘍、痔疾

呼吸器疾患
気管支炎、喘息、風邪および予防

循環器系疾患
心臓神経症、動脈硬化症、高血圧低血圧症、動悸、息切れ

代謝内分泌系疾患
バセドウ氏病、糖尿病、痛風、膀胱炎、尿道炎、性機能障害、尿閉、腎炎、前立腺肥大、陰萎

婦人科疾患
更年期障害、乳腺炎、白帯下、生理痛、月経不順、冷え性、血の道、不妊

小児科疾患
小児神経症、小児喘息、アレルギー性湿疹、耳下腺炎、夜尿症、虚弱体質の改善

眼科疾患
眼精疲労、仮性近視、結膜炎、疲れ目、かすみ目、ものもらい

耳鼻咽喉科疾患
中耳炎、耳鳴、難聴、メニエル氏病、鼻出血、鼻炎、蓄膿

これら全てが治せたら凄いと思いますが、私に治療できそうなのはこの一部のみ、というのが正直な感想です。
何ができるのかというと、はっきり答えられるのは「筋肉の操作」です。

緊張している筋肉を緩め、緩んでいる筋肉にハリを与えること。

シンプルなものですが、意外に広がりがあるものだと感じています。
例えば痛みはたいてい筋肉の緊張によって生じています。
打撲のようなものから、座りっぱなしによる腰の痛み、筋肉の神経・血管圧迫による神経痛など。
臓器の不調もお腹を緊張させて中の臓器の血流が悪くなり、慢性化すると内臓疾患が生じやすくなります。
目眩や耳鳴り、疲労などの得体のしれない愁訴は、頚部にある自律神経の過緊張で生じている可能性があります。
そうした緊張が鍼灸で緩むと、不思議なことに症状が消えていくのです。

一方で、効くかどうかはっきり言えない疾患もあります。
発熱や炎症の疾患です。
もっとも得意な先生はいて、そういう方はとても上手に治療されています。
私の場合は風邪、膀胱炎、帯状疱疹などをいくつか扱いましたが、即時効果が現れるときと、そうでない時があり、どれくらい治療期間がかかるのか、などの予後の判断は現時点で難しいと感じています。

そして鍼灸向きでない疾患も当然あります。
まず軟骨がすり減って骨同士が直接触れ合うような関節炎。
これは筋肉の関与を超えた部分で、手術を検討した方が良いケースです。
外傷や骨折などの怪我や、高熱などの急性症状が出ている場合も、まずは病院でプライマリーケアを受ける必要があります。
もっともその後で鍼灸を用いたなら、痛みを減らし、血流が良くなって治りが早くなります。
癌も、少なくとも私は鍼灸の効果を実感できていません。
ただし痛みのコントロールは有効で、末期でモルヒネが効きにくいケースでも痛みが軽減したり、抗がん剤などによる不定愁訴も軽減できることは実感しています。

こうした鍼灸の効果については、現在進行形で知見を積み重ねています。
いずれサイトの説明に反映させたいと思っていますが、中々手が回りません。