不思議な症状

それほど多くはないのですが、時々不思議な症状に接することがあります。


腰痛と疲労で来院されている40代の女性がいつもと違う様子で治療に見えられました。
元来は明るい元気な方なのですが、その時は顔色が悪くイライラしていて、気持ちがささくれだっているようでした。
触診すると全身が緊張していたのですが、特に首下あたりでは背骨が浮き出ていて、その周辺がカチカチになっていました。
いつものように緊張を針で取ろうとしたのですが、手で首の所に触れると手のひらがピリピリして、私が息苦しくなるのです。
針を当てている間、何度も深呼吸しなければなりませんでした。
しかし間も無くふわっと緊張が緩むと、全身の緊張も一気に緩みました。
すると「あー、なんか取れたっていう感じがしました」と、その日初めて笑顔を見せられました。

私は、いつもと違う感じのハリがあったことを伝え、ひょっとしてお墓まいりとか日常にないスピリチュアルなことをされなかったか尋ねました。
すると、最近、家の中で見知らぬ影が見えたり、黒っぽい小さな綿毛みたいなのが飛んでいるのを見ると話されました。

患者さんはその後も自宅での不思議な現象はしばらく続きましたが、やがて収まったそうです。
症状は再発しませんでした。
一方、私はその日、夕方になると異様な眠気に襲われ、早く床に就くこととなりました。
頭が重だるく、耳下から顎のあたりのリンパが筋張ったようになり、強い疲労感も感じました。
しかし一晩寝るとすっきりと回復しました。

スピリチュアルな症状にハリが効くというのは意外な気がしますが、針で生命力が上がって霊的な干渉を自分で治していくのだろうと想像しています。
こういった症状全てが外部の精神エネルギー的なものによるとは言えませんが、これと似た状態は、墓参り、知人がなくなった、すごく嫌な人と会った、人から人形など変わったものをもらった時などに見たことがあります。
なので一応こうしたこともありうる、と銘記することにしています。