スウェーデン人雑感

shasutainswedenguysweden red

スウェーデン人はシャイで集団としてのまとまりが強いという点が、日本人と似ているといわれています。
確かに自己主張は少なく、静かで、シャイということは感じました。
また家族間も仲が良いようで、成人してからも頻繁に行き来していてまとまりの強さを感じました。
ただそれらを支える土台部分は日本とは異なり、気質としての強い独立心と、責任や義務というく意識があるようでした。
特に感じられたのが男女の完全な平等、そして社会システムの公平さです。

男女は家庭生活や仕事の面で完全に平等で、そのことから離婚やパートナーチェンジには自由と寛容さがあるようでした。
私がお世話になっていた知人女性は、離婚した旦那の持ち家を半分相続し、そこに新たなパートナー男性と事実婚をしていました(前の旦那さんは海外に移住)。
そして私が滞在中に、そのパートナー男性の兄家族が遊びに来たのですが、兄さんはもう40代なのにアイスラッガーができそうなモヒカンスタイルでもみ上げの所だけ長髪、アイスランドに留学が決まったという優秀な15歳の娘さんは真っ赤に染めた赤毛で鼻ピアスで、パンクスタイルはスウェーデン発祥なのかと思ってしまいました。
後で聞いたのですが、お兄さんは3度目の結婚で、娘さんは今の奥さんの連れ子だそうです。
でも家族として仲がいいみたいで、見知らぬ外国人である私に対してもとてもフレンドリーでした。

そして企業の労働時間は厳格に定められ、残業は基本的になく、どうしても必要なときには割増賃金を払わなければならないとのことで、ブラック企業などは犯罪行為でありえないようです。
また消費税は25%と高額ですが、生活必需品は6%、食料品も12%と安い税率に押さえられているので自炊などで質素に暮らせばお金は抑えられ、また教育費や医療費、失業手当や老後の年金などのベーシックインカムが完備されているので、これらセイフティネットが支えてくれる安心感は非常に強いようです。

そんな感じで、ドイツと共にスウェーデンは日本人にとって居心地良く感じる国だと思いました。
実際にヨーロッパでの人口割合での日本人居住者数はこの国がトップとのことでした。