鍼灸整骨院

nakano
知人の鍼灸整骨院を見学してきました。
知人は鍼灸学校を出た後、更に柔道整復師の学校にも通学して資格を取り、現在は柔道整復をメインにして時々鍼灸という治療を行なっているとのことでした。
商店街の真ん中にあり、立派な受付とカーテン付きのベッドが8つ、そして機械がいくつかあり、かなり大きなスペースです。
スタッフは知人である院長、助手の柔道整復学生、受付の3名でした。

診療パターンは次のように定型化されていました。
患者さんはまずローラーというベッドで20分くらい横になります。
これは背中の下で粒が動いてマッサージのような効果を持つ機械が付いている気持ちのいいものです。
次にカーテンで仕切られたベッドに移動し、素肌の上に吸盤をつけて電気を20分ほど流します。
筋肉は神経からの電気信号で動くので、外からの電気刺激にも同様に反応します。
これを利用して筋肉をほぐすということのようでした。
終了するとタイマーが鳴るので、助手が吸盤をとり、簡単なマッサージとストレッチを10分ほどします。
そして最後に先生が問診とチェックを行なうという流れで、患者さんの平均滞在時間は大体1時間くらいでした。
柔道整復は保険診療が使いやすいこともあって保険中心となっていて、一人当たりで治療費が1500円くらい、うち500円が患者さん負担、残り1000円が国から支給されるということのようです。
これだけだと厳しいので、資格者である院長の関与する時間を少なくして、機械や助手を介在した流れを作っているようでした。
この結果、1時間で最大10名を同時に回すこともできるそうです。

柔道整復は元々古武道である柔術の裏技として発達してきました。
そして捻挫、骨折など、今なら手術を介した観血的治療でしか治療できないものを徒手で整復するという世界でも類を見ないような高度な技法を発達させてきました。
しかし現在は、整形外科の急増により、こうした技術を磨く機会が減少して残念とのことでした。

うちとはかなり異なる治療形態でしたが、考えさせられることが多く、参考になりました。