頭痛

hirou

頭痛と胃痛が2週間ほど続いている40代の女性が見えられました。
気の滞りが胃の当たりにあり、その流れを整え、そして頭全体がおもだるいとのことで後頭部中心の緊張を緩めて一度目の治療を終えました。

1週間後に2診となりました。
胃の痛みはあれから消えたもののの、頭痛は3日後から前回のぼんやりした重だるさとは異なり額側にはっきりした痛みが出て苦しかったといわれました。
痛いという場所を調べると眉間にはっきりしたシワが寄っていて、日常的にこの部分を緊張させているようです。
頭痛は眉間の鼻根筋から眉毛に沿った前頭筋にかけて帯状に広がっていることを触診で確かめることができました。
なのでその帯状の部分をハリで緩めると頭痛が完全に消えたと話されました。

頭痛はごく稀に脳腫瘍や脳血管障害で起こるものがありますが、それらは手足に特有の反射が現れたり、通常の頭痛とは比較にならない激しい症状が出たり、言葉が出にくかったりすることからある程度判断できます。
多くの頭痛では首、肩、頭のスジに強い緊張が見られることが多く、大抵その辺を治療すれば自然に治っていきます。