外反母趾

今日は外反母趾の方が見えられたので、このことについてのうちの治療法について書いてみます。
外反母趾は足の親指内側の関節が変形してせり出して来る疾患で、女性に多く見られます。

直接的な原因は足裏を横切るようなアーチが弱くなって、重心を支えきれなくなって足が横に広がることにあります。
アーチが弱まる間接的な原因は、常時爪先立ちになること、例えばハイヒールなどを履いていて前かがみの重心がかかる生活の継続が考えられます。
このような生活が続くと姿勢を支えるための足指を曲げる筋肉が常に緊張状態を強いられるので疲労します。
CCF20140811_0001
すると足指を曲げる筋力が弱まるので足指は常に浮き気味になり、結果的に足の指を曲げたときに中心に向って重心が働く足横のアーチも更に弱まって、親指のMP関節という部分が飛び出て靴に擦れて痛みます。
しかしその足の指を曲げる筋をさかのぼると、元々フクラハギから延びている筋肉群なので、フクラハギから足裏の筋が治療の中心になります。
そして治療に伴って足裏に流れる血流も改善するので治癒が進みます。

治療室での治療は次のようなものになります。
まず気の滞りを通し、直接痛みが出ている部分に灸をして静め、足裏、フクラハギ、膝、太ももなどの筋を触診しながら異常部位を正していき全体のバランスを整えます。足裏の筋、足表の指先の間の筋を患者さんに指先を握ったり開いたりする動きを交えながら行ないます。
また補助的に横アーチができるようにテーピングを加えることもあります。
最後に、爪先立ちを強いるハイヒールや地面を足指で掴む動きを制限する靴を換えてもらうことと靴紐は面倒でも一々締めなおすこと、セルフケアとして足裏にタオルを引っ掛けるようにして擦って刺激することなどをアドバイスします。

ただし慢性的な変形が数年来続いて変形が激しい時には外科手術も検討し、治療室では手術後の筋肉バランスの安定を目指すことになると思います。