自炊というスキル

天使

食を調べていた時に、外食産業で提供される食材のことを知るにつけて、外で食事することのリスクというものを考えるようになりました。
チェーン店が運営する外食産業やコンビニの食材は原材料のコストダウンがなされますが、それは通常スーパーに並べたときに誰も手を出さないようなものが選ばれます。
そして味の低下は保存料や調味料などの添加物を法定ギリギリまで大量投入されて防がれます。
それがチェーン店で並ぶおいしそうな料理のヒミツです。

自炊は慣れないと大変ですが、要領をつかめば30分以内に終えることができるのでおすすめです。
私は次のような調味料や保存食材を予め作っていて、適当に組み合わせて使っています。

・万能調味料
 砂糖1、ミリン2、醤油3を火にかけて半分になるくらいまで煮詰める。
・冷凍野菜
 ネギ、キノコを小口に分けて冷凍保存したもの。
・肉みそ
 豚の挽肉と玉ネギと生姜を、ミソ、スープの元、たれなどを加えて炒めて冷凍保存したもの。

これに患者さんが下さる漬物、味噌汁が基本の食事になります。

初めの一歩を踏み出すのに躊躇しますが、ぜひ見につけて欲しい養生のスキルです。