腰下肢の痛み

youkasituu

30代の男性が腰痛と右下肢の重だるさで来室されました。
会議や事務仕事が続いてから鈍い痛みの腰痛が2週間前に始まり、その後右足も重だるさとしびれるような感じが出て悪化した感じがするとのことでした。

触診ではお尻の所の仙骨に近い部分にある腰方形筋とお尻の外側にある殿筋群にハリがあり、この辺の筋が固くなって下肢の血流が悪くなっているように感じました。
また右足のフクラハギ部分にも強いハリがあり、押されると強い痛みが出ていました。
フクラハギは心臓から最も遠くで、重力の影響を強く受けるので血液や体液が滞留しやすい場所です。
歩いたりしてフクラハギの筋を使うと、筋のポンプ作用で血液を心臓に押し返してくれるのですが、座りっぱなしの生活が続いたことからこの部分の血流も悪くなっているようでした。

気の滞りは右腰にありました。
気の滞りをまずとり、その後にハリのある部分から治療点を探し出して治療して行きました。
この時点でほとんどの痛みが取れました。
しかしベッドに腰掛けてもらうと座った状態でベルトの位置に沿った右腰部分に痛みが現れたので、同様にここから治療点を取ると痛みが消えました。
そして念のため、座った状態でフクラハギを触診するとやはりまだハリと押圧痛が出ましたので、ここから探した治療点を使うと全ての痛みが消えました。

痛みや気の滞りは特定の姿勢をとった時に生じることがあります。
そのため治療室ではベッドに横になった状態だけでなく、座った姿勢での胸・腰・膝下、立った状態での腰・足などは必ずチェックするようにしています。
この特定の状態で生じやすい痛みを取るようにすると治療後の経過がとても良いのです。

患者さんには忙しい中でも簡単な散歩でカラダを動かすことと、臀部のストレッチを指導して終了となりました。