股関節痛

kokansetsu
60代の女性が股関節の痛みで来室されました。
1ヶ月くらい前から左股関節が痛くなり、寝返りを打つときに痛みが出て熟睡できず、だんだんひどくなって歩く時にも痛みが出て、同時に左膝も痛くなってきたとのことでした。

気の滞りは左臀部に感じました。
座った状態で膝同士をくっつけることができず、O脚が進んでいるようで、痛みはお尻にある殿筋という筋肉、股関節にある大転子という骨の出っ張り、そして膝の内側にありました。
そして膝を内側に回す内転という動作で強い痛みが出ていました。

治療ではまずうつ伏せに寝た状態で、お尻とその周辺にあった気の滞りを取ります。
そして触診で感じた臀部と膝内側の筋のハリを取りました。
この時点で痛みはかなり取れましたが、まだ左足を内側に捻った動作が痛いとのことでした。
そこで仰向けに寝てもらい、内側に足を捻って痛みが出ている状態で浮かんできた治療点を使いました。
すると痛みがほとんど取れて足が内側に曲げられるようになりました。
念のために今度は外側に足を開いた状態で内転筋群と呼ばれている太もも前にある大内転筋などを探るとまだハリが残っていたので、これも取りました。
kokansestsu naiaten
これで全ての痛みが取れ、座った時には両膝がくっつくようになり、立った状態ではO脚がまっすぐになったので喜んでおられました。

今回は日常生活の中で股関節を痛めて、仕事が忙しかったことから治りきらずにこじらせてしまったことが原因であることが伺えました。
痛めてから短い期間だったので他の筋に痛みや歪みが及んでいなかったこと、そして痛みが内臓などから来たものでなかったことから、短期の治療で良い結果が出たようです。