大正浪漫を伝える美人画

夢二
大正時代に活躍した竹久夢二(たけひさ ゆめじ、明治17年(1884年)9月16日 – 昭和9年(1934年)9月1日)のリトグラフ(版画)です。
これは「女十題」という10枚の美人画の1つで「舞姫」というものです。
10のテーマで美人を描いたという企画もので、青い着物を着て少し憂いを帯びた後姿を描いたこの絵がとても気に入っています。

治療室の入り口に掛けてありますので、帰る折にでもご覧下さい。